ホーム > お知らせ | 最近の出来事 > 人権教育講演会

人権教育講演会

7月5日(水)、人権教育講演会が行われました。
今回は、奈良県立青翔中学校・高等学校で理科の教員として勤務されている生田依子先生にお越しいただき、ご講演いただきました。
生田先生は、天理高校を卒業され、北海道大学へ進学。その後、本校でも一年間だけ教員として勤めていただいていたこともあり、今回の講演が実現しました。

生田先生は、2016年に「日本南極地域観測隊」として約5ヵ月の間南極に滞在し、さまざまな研究に参加してこられました。
そこで得た研究成果や、南極の自然や動物、魅力について映像を交えながら分かりやすくお話くださいました。

ほかではなかなか聞かせていただけないお話に、生徒たちも興味を持って聞き入っている様子でした。

生徒の感想より

・〇×クイズや動画を通して、南極と日本の違いが分かった。ペンギンの観察や、南極の氷についても驚いたことが多かった。自分の知らないことがたくさん知られてよかった。【1年男子】

・一番驚いたのは、南極にもインターネットがつながっていて、普通に生活できるということです。南極は寒いから、電話もつながらなさそうですが、通信室もあって、お風呂もちゃんとあって、思っていたより過ごしやすそうでびっくりしました。【2年女子】

・南極の温度が寒冷化しているというのはとても驚いた。ずっと地球温暖化という言葉ばかり耳にしていたから、南極の温度もずっと上がっているのだと思っていた。この話を聞いて、南極での生活はとても大変なんだということも知れた。今の安全な生活に感謝したいと思う。【3年男子】

 

ホーム > お知らせ | 最近の出来事 > 人権教育講演会

このページの先頭に戻る