ホーム > 校長室より 6/13 > 平成30年4月6日(金) 始業式

平成30年4月6日(金) 始業式

平成30年度のスタートです。三年生183名、二年生157名の天中の船出です。

今年は、この教校学園高校の校舎をお借りしてスタートとなりましたが、今年が皆さんにとって更に大きく飛躍する年となるよう、一生懸命に頑張りましょう。

さて、天理中学校は、親神様・教祖の教えを学ぶ、世界に一つしかない中学校です。

皆さんは、この世と人間を、何のためにお創りになられたのかを知っていますね。

それは、「陽気ぐらし」です。

親神様は「陽気ぐらしを見て共に楽しみたい」と思われて、この世と人間を、お創りになられたのです。そして、「陽気ぐらししなさいよ」って、一人ひとりに体をお貸し下さり、一人ひとりの体に入り込んでご守護下さっているのです。

「陽気ぐらし」というのは、みんながイキイキと生活し、互いに助け合いのできる、楽しみずくめの暮らしのことですが、その「陽気ぐらし」を学ぶのが天理中学校です。

◎朝は、学校参拝で親神様・教祖に一日の無事を祈ります。

◎ひのきしんを通して、元気な身体を使える喜びを味わいます。

◎勉強や学校行事、部活動などを通して、体は神様からの「かりもの」だということ、つまり生かされていることを知り、生きる喜びを味わうことを学びます。

 

「陽気ぐらし」の教えを実行するため、今年も改めて「二つのこと」をお願いしたいと思います。

先ず一つは、「生活の基礎基本・基本的生活習慣をしっかりしよう」ということ。生活習慣をしっかり身につけることが、陽気ぐらしにつながるからです。

そして二つ目は、「一生懸命取り組める生徒」になってもらいたいということです。得意だから、好きだから一生懸命やるというのではなく、例え苦手なことでも、神様からお借りしている体を使って「一生懸命やろうとする心」で取り組んでほしいということです。

そして、自分のことだけでなく、人のため皆のためにも「一生懸命やろうとする心」で、取り組んでほしいと思います。お借りしている体を、人に喜んでもらうために「一生懸命に使うこと」は、神様が一番喜んで下さいます。

 

今日から学年が上がります。2年生は3年生となり、最上級生としての自覚が求められます。1年生は2年生になり、後輩が入学してきます。先輩になります。

どうか、一人ひとりがステージアップするため、「生活の基礎基本」「一生懸命」を心において、学校生活を送って下さい。

 

それからもう一つ、今日は皆さんにお願いしたいことがあります。

私たちは今日から、この教校学園で学校生活を送ります。教校学園には、各学年約200名、全校約600名の高校生がいます。ちなみに天理高校は、各学年約400名、全校約1200名の高校生がいます。

今まで教校学園では、5階三年生6クラス、4階に一年生6クラス、3階に二年生6クラスが使っていたのを、3.4階につめてくれました。教校学園の人は、今までより狭くて窮屈な思いをして、5階を全部を天中のためにあけてくれました。ありがたいですね。

また、一つしかない場所は同時には使えませんから、時間を分けて使います。今日のように、午前中は教校学園の入学式、午後から天中の始業式というふうに、協力しあわないとできません。それに、毎日の授業時間も教校学園の動きに合わせていかないといけません。

また、休憩時間に5階で生活している君たちがドンドンしてたらどうでしょう・・・? 4階の高校生の人はやかましくて迷惑がかかりますね。

 

そこで、この校舎を使わせていただくにあたり、お借りしていることを忘れずに、次の三つのことを約束してほしいのです。

■一つ屋根の下で学校生活を送る学園の先生方や高校生のみなさんに、私たちの方から気持ちの良い挨拶を心がけましょう。

■そして二つ目は、教室や廊下で走り回ったり、あばれたりしないこと。他の階へ行ったりしてはいけません。

■三つ目は、行き帰りの自転車のルール・マナーをしっかり守りましょう。特に近くには病院があり、身体の悪い方がたくさん通行されます。校舎を出るときは、天中と同じように門で一礼ができるともっと良いにをいがけができると思います。

 

今日から始まる新学期、登校や参拝、教室や下駄箱、学校行事など、いろいろなことが今までと違った形になったり、動きが変わったりすることがあります。

どうか、みんなの協力をお願いして、本年初めの挨拶を終わります。

 

「今年も一年どうぞよろしくお願いします。!!」

 

 

 

保護者の皆様へ

平成30年度の新たな学校生活を、教校学園高校の校舎でスタートしました。

本日は始業式で、

「天理中学校は陽気ぐらしの教えを学ぶ中学校。そのため『生活の基礎基本』と『一生懸命』を心において学校生活を送ろう」と呼びかけました。

その後は、旧クラスとお別れをして、新しいクラス・新しい担任、副担任のもと新学年がスタート致しました。

本年度も、子供たちの健やかな成長と明るい未来を築けるよう、教職員一同一手一つに心を揃えて頑張りますと共に、保護者の皆様としっかり連携して進めて参りたいと存じます。

保護者の皆様には、どうか変わらぬお力添えとご協力いただけますようお願い申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。

尚、4月20日(金)午前中には、本年度はじめの授業参観やおやの会行事を、教校学園高校で開催させていただきます。どうか大勢の保護者の皆様のご参加をお待ち申し上げます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああ天 理 中 学 校

あああああああああああああああああああああああああああああああああ校 長  島 幹典

 

ホーム > 校長室より 6/13 > 平成30年4月6日(金) 始業式

このページの先頭に戻る